DSC_0665
DSC_0664
DSC_0672
朝はあっと言う間に22度。快晴。
 先日。布団にマットや、シーツ類色々干した後、洗濯物干そうと重い籠を持ち上げ時。。ふらっとして身体が傾き。掴んだ表戸が。。ガタガタと揺れて硝子が割れて仕舞いました。。経年の多分昭和初期か、大正時代か。今は、貴重な硝子です。。
 まずは、段ボールで簡単に塞ぎ。。細かい硝子の欠片は、徹底的に掃除して。掃除機にても吸引。。
   今朝は杜子春が保存しておいた昔硝子を。。大きさも合わず。。やっと継ぎ剥ぎながらも、はめてくれました。。硝子切りの技術に感謝です。
  側で見て居ると邪魔だと思い。。私はミシン掛け。。浴衣や、着物地。色々作業していますが。。先日ジーンズの端布、又見つけて。腰バック創り。。(白ジーンズの腰バックを知り合いの方が。。気に入られて。送ろうかと、その代わりの自分用バック創り)分厚い所で又もや針が。。バァンと。。凄い音。。がして折れました。
   ミシン針。。相当数を使い切ってしまった様で。。やっと一本見つけて。。
他には、無いかと娘が、残して行った針箱や、ミシンの腰掛け下のストックを。。ミシン針は、見付からずながら、分度器が三個にこの仕切り付きの入れ物も使い方次第に。。この際ミシンの中糸の整理をする事に。。
  整理して行くと片付きのスッキリ感。。。
只一本残った貴重な針。。
ジーンズは、後回しにして、着物から、ベスト二枚創りの頼まれ物を先に致します。。