001朝。。
洗濯をしようと。。
 風呂場へ行き。。。。赤いバケツを。。
  手にとって。。
びっくり!!!
 黒い物。は何。
  蟹。。。
 バケツの底に。。滑り落ちて。。
  上がって来れない。。ようです。
 杜子春に。。
見せたら。。
『 えっ。。これ川002蟹。。だよね。』。
 右手の爪が特に大きい。。
川から。。水路を通って、
 風呂場まで。。辿り着いたのでしょうか。。
  表に出て。。
 玄関先。。
  バケツから。。出しました。
。。ら。。
 。。。
 コンクリートブロック抜けて。。
  枯葉の中に。。
 消えてゆきました。
 無事に川に戻って。。
もうちょっと見て居たかったけど。。