072家の前。。
 車庫の中の。。
薪は。。殆ど。。
燃やしつくし。。
 先日工房から。。
運んでくれた。。
 いろんな種類の枝は。。
時折、香ばしい。。香りがして。。
思わず台所で。。
鍋かけっぱなしか。と。
 急いで飛んで行って。。
 no 001いや。。
何もかけていなかった。。
 と。。安心。。
果物の香りや。。
 楢の香り。。
枝を切り詰めて出来た木っ端に。。
 楽しませて。。
もらっています。。
片付け後の一時は。。
 コーヒー入れて。。
一休み。。
070どうせなら。。
 ちょこっと。。
器にもって。。。。
 今も。。
歯の工事中なのに。。。。
木の実や
ちょこっと硬めの。。
クッキーが。。
大好きな。。
。。。。。。
 しょうがない。。
歯医者さん泣かせ。。
068す。。