025昨日午前11時53分・・
御嶽山の噴火。。は。。
 イベントの最中。。
  スマホの書き込みを。。
見て。。知りました。。
 そして。。夕方。。
  山村代官屋敷で。。
開田高原への。。
バスの待ち時間に。。
032テレビの画面から。。
 色んな情報を。。知りました。。
  そんな最中。。
友人達から。。次々に。。
安否確認などの。。電話が。。
バスの中でも。。ひっきりなしに。。
掛かって。。来て。。
 夜遅くまで。。
  本当に。。心配して下さり。。
ありがとうござ039います。。
 暗がりのバスの中から。。
  開田の様子を。。見ました。。
末川では。。
 道路も。。家も。。車にも。。
灰が降った様子は無く。。
 バス中で。。
  知人に。。
名古屋から帰って来られ。。
木曽福島駅で配られた。。
御嶽山噴火の。。号外を。。
見せて頂きました。。
夕方七時、暗い中。。西野に入り。。
止めてある車に灰の痕跡が。。
少しありました。。
 今朝も。。早朝から。。
懐かしい方からも。。
次々に。。電話が。。
携帯に。。固定電話に。。
 電話を。。置くと。。
直ぐに。。035次の電話。。。。
 開田には。。今の所。。
灰がほんの少し。。
 粉砂糖を降りか
けた。。程度。。です。。
と答えまし
た。。
 実は。。
もう。。一ヶ月ほど前から。。
 火山性微震動が。。
何度かあり。。

 これは。。近々。。
地震が起
こると。。
杜子春と話していました。。
そして。。

昨日は。。朝の4時ごろ。。
 何か変な音がした。。
杜子春は表
026に飛び出しました。。
 ギユン。。か何か。。
私も聞いたような。。
 気が。。。。
でも。。

はたとは。。判らず。。
 午前7時頃。。
バスにて。。出掛けました。。
 柳又上からの。。御嶽山は見逃して。。
振り向くと。。
 6合目から上が。。白く。。もやがかかり。。
  把の沢への道中は。。

樹々の周り。。
や高原中が。。ガスで。。白くなっていて。。
  やがて。。開田支所へ向かうと。。
霧も消えて。。
 で。。
 
今朝は。。広報で。。
この灰はガラス繊維を含むので。。
 表には出ないように。。
灰は絶対吸わないようにと。。
 なので。。御嶽山の様子は。。見ていません。。

柳又の上に
036は。。
 報道関係の方や。。
一般の興味ある人が。。わんさ。。と。。
 道路に車を連ねて。。停めて。。
危ない!!!!。。と杜子春の話です。。
柳又の朝。。 灰は。。
屋根は真っ白く。。
 道路や。。
鉄柵は粉砂糖をまぶした程度。。
 トマトやミントの葉に。。
少したまっています。。
 家の前。。
あずき亭の。。
看板を覆うような。。
 ムカゴを。。摘んで。。みました。。
台所で洗うと。。
 グレーの灰が。。落ちて。。
 流しに少し溜まりました。。
 レモングラス
038も。。
少し刈り取
り。。
 水で流して。。
釣しました。。
 
午後になっても次々に。。電話が。。掛かり。。
夕方は来客。。
 いろいろな話の中。。
『火山灰は野菜には。。いい影響があります』。。
と話されました。
 帰られると。。
杜子春が。。『今から帰る!!!』との。。電話。。
夕食終えて。。
ブログを開くと。。
凄いアクセスを頂いていて。。
 今頃。。やっと。。書き込み。。
していて。。すみません。。 
 昨日。。山村代官屋敷に居た時。。
 拝観に来られたご夫婦の話。。
大阪から。。御嶽山にお墓があり、お参りに出掛けました。。
 10時頃。。
田の原から。。頂上へ向かっていると。。
 11時53分。。ドォン・・・
音がして。。噴煙が。。
 上から人が。。次々に走って。。来られ。。
慌てて。。自分たちも逃げ出しました。。と。。
 灰を被り。。
今ホテルで。。シャワーして。。来ました。。と。。。
 お話されました。。
無事で何より・・・・。。
シャワーの後も。。かすかに。。硫黄の臭いがしていました。