004小さな古布は。。
 その色合いが。。
。。。。
 布と布を隣り合わせて。。
 置いて居るだけで。。
思わぬ。。色どりに。。
見入ってしまう事が。。
あります。。
 先日も。。
 テレビで。。
昔の人は。。006
 余り布を大切に。。していた話。。
あずき三個が包める大きさがあれば。。
 いつか使える様に。。
  縫いだめて。。いた。。とのお話。。
わたしも。。
なかなか。。捨てられない。。
小布。。
 それらを。。
ちいさな。。籠。。
金平糖を入れて。。頂いた。。物。。
 おいしい和菓子が。。
003入っていた物。。
 その編み方が。。すてきと
。。購入した物。。
 以前。。いつくか。。アケビで。。編んだ籠や。。
小さな籠達を。。。。
もう一度。。
生まれ変わらせたい。。と
古布や。。
 木綿布を組み合わせながら。。。。
毎日。。毎夜。。
ちくちく。。縫っています。。
 そして。。
香りいい。。ハーブを。。
 片隅に。。摘めて。。
みました。。