006開田高原末川で。。
穴釜を。。
手造りされ。。
年に3回ほど。。
 火入れを。。されている。。
 陶芸家。Nさん。
先日も。。
 5日間ほど。。
 穴釜を。。焚かれるとの事で。。
 見せてもらいに。。行きました。
002五分に一度。。8本の赤松を。。入れる作業を。。
昼夜行われるのは。。
大変な事です。。
 仲間の若者が。。
交代で。。火の番を。。されていました。。
 29日の早朝まで続いた。。作業も終わり。。
  そろそろ。。窯だし。。されるようです。。
どんな作品に仕上がっているのか。。
 楽しみです。。
そんな作品は。。
0186月6日から開催の。。平沢の漆器祭りにも
出展されるそうです。。
 帰りがけ。。
柳又上からの。。
夕焼けが。。
紺碧の空に。。
 とてもすがすがしく見えました。