7月3日(水)の『忘れな草を守る会』006開田高原西野研修センター前に。。集合。。。
点呼、等を済ませ、一分間の自己紹介、木曽地方、
福島や日義、木祖村や南木曽からと
14名の方が参加してくださり。。。
 車に分乗して。。
藤沢の水芭蕉苑に向かいました。
 車を降りて。。
指導して下さる、小谷宗司先生。。
先ず。眼に留まった。。シナの木。。
 この木が多いから。。信濃と。。
名前が付いたお話。。
 お社004、横に。。007
大きな。。
これは、珍しい。。
オオナルコユリが
咲いていました。
040白い唐松に似る。。
カラマツソウ





ウツボグサ
025







027忘れな草も。。水辺に満開でした。





アヤメの花。や野アザミ022
012






ギボウシ
024珍しい花は。。
ミズチドリの花も咲き始めていました。
036










苑の端には。。041ジキタリスが。。咲いていて。。
小谷先生は。。この葉は。。
山菜と間違えて。。一葉口に入れただけで。。
死に至ります。。
と。。自宅の近くに。。良く見かける花ですが。。
 そんな知識を。。持つことが。。
本当に。。必要だと。。感じた皆さんの表情でした。
 場所を移動して。。
 ササユリを観察したり。。
美味しいケーキとコーヒーや紅茶に。。
 眼も心も。。そして。。身体も。。温まりました。
皆さんから。。
いろんなご意見が。。出されました。
056都会にはもう栽培種しか見かけない。。
貴重な山野草ですが。。
ここ木曽地方でも。。徐々に。。稀少種になり。。
枯渇してゆく。。現実がありますが。。
 ここに住まう。。人達が。。
その貴重さに気付かずに。。いる事。。
が。。
今とても。。残念で。。
会の後半。。043
又出来たら。。参加したい・・・。。
子供達にも伝えてゆきたい。。
今度作ろうと思うカレンダーに。。
貴重な植物を。。載せて。。
広く住民や観光客に知らしめたい。。などの
貴重なご意見を頂きました。