開田高原の野焼き003
先週は雨の為。。
一週間の
延期になり。。
今日は
西野、把の沢などでも
一斉に行われました。
柳又地区は。。
野菜の無人販売所前に集合。
風を読んで。。。
002下の畑から。。








004火を点け始めました。
019








風の勢いで、見る見るうちに。。
畑の畝や、水路沿い。。が。。
027008








042024








044





家屋の傍や、雑木の近くも、
連携よい柳又衆。。
次々に。。作046業が。。進みました。と。。
松の間に白樺の木の。。根元近くに。。
割れの中に。。火が。。点き。。
 松の小枝で。。
消そうと。。しましたが。。
  水を下ろした木は。。
燃えやすく。。
とうとう。。幹の中央辺りまで。。
 木の叫びが。。
聞こえそうでした。
午後は。。
柳又下の集落付近を。。
野焼きします。
047











055午後も。。柳又下の集落。。
近くや畑の畔などの野焼きを進めました。
 20名以上の参加者や。。
今回は風が時々強く。。
吹き。。
 焼き進むスピードが。。早かった所為か。。
2時過ぎには。。予定の場所は。。ほぼ。作業を終えました。
その後。。
先日の大雪で。。
 屋根が壊れていた。。小屋の。。
解体作業が。。行われました。。
 重機や061。。トラックを駆使し。。
大工さんや森林作業のベテラン。。重機を手足の様に、使いこなす。。人達。
その手際のよさに。。見入るばかり。。
建物は。。二時間ほどで。。解体され。。ました。
 結。。を実感しました。
集会所で。。お疲れ様会。。
 女衆は。。
お酒や。。おつまみの。。準備。。
 注ぎ合う。。旨酒。。
本当に。。おつかれさまでした。。