006今朝の気温−5,5度、室内19度。
 くもり。。
雪は止みましたが。。
 1m以上の雨交じりの雪が積もり。。生温かい風が。。吹いています。
今朝は。。五時に起きましたが。。
 昨夜は。。
杜子春もですが。。
 眠れなかった。
昨日。。
午前中にはさらさらの。。まるで粉砂糖のような雪。。から。。
お昼前から雨005になり。。
 朝の雪掻きは。。楽だったが。。
雨になってからは。。重いこと。。重い事。。
 夕方。。帰宅した杜子春は。。
中に入らず。。そのまま。。雪掻きを。。
汗掻く位に。。
夕飯後。。10時頃から。。
屋根から落ちた雪を。。又。。せっせと。。
 洗い物済ませて。。私も。。雪掻き。。を。。
11時半頃。。疲れて。。家に入り。。
 杜子春は。。もう。。一口。。お酒とツマミ。。を。。
テレビの。
宇宙や月の画面に。。惹かれて。。
 布団に入った008ものの。。。。なかなか。。眠れず。。
 一旦。。テレビを。。消したのだが。。
眠れないのか。。又。。点けたのが。。1時半。頃。
それから。。
 いつの間にか。。寝ていましたが。。
この。。
四日間
 ミシンを踏んで。。
綿入れ。。していました。
 以前に。。ご注文頂いた。。ねこ。。
もう一枚。。欲しい。。ので。。
 友人も。。と。。三枚。。いや。。五枚。。位。
作れませんでしょうか?。。と。。
 着物を解いた布は、穴もあり、幅の短いのは接ぎながら。。
やっと。。昨日。結局六枚。完成しました。。
綿ぼこり舞う。。部屋を。。大掃除。。
 だが。。使った待ち針が。。数えてみると、一本足りなくて。。
作った。。布の端から端まで。。探してみるが。。
 見つからない。。
今朝も。。これで。。5度目の探索。
何処へ行ったやら。。待ち針。。や〜〜い。。