055この間。。
薪ストーブに火を点けようとしたが。。
 煙突の間から。。もくもく。。と
煙が。。
 この季節に入っては。。
一度も煙突掃除していなかった。。
 火はそのままにして。。冷たくなるのを待って。。
昼過ぎ。。
杜子春は大きな煙突フードを抱えて。。帰ってきました。
 こ029つこつ造っていたのだそうで。。
こんなに大きいと。。雪も入り込まないし。。
  早速煙突掃除。。してくれて。。。
屋根のテッペンに。。これを設置。。
せっせと。。家周りを気遣う。。この頃です。