平成16年から始まっ002た山野草の保護活動は今年で8年目に入りました。
末川の水車小屋付近の清掃、雑草の刈り取り作業から始まった活動は、水芭蕉の種の採取・育成や移植なども行いました。
そして時には開田高原や他の地域への散策、九蔵峠のゴミ拾いハイキング。。多くの方々が参加して下さいました。
 西野藤沢にある『水芭蕉園』は水芭蕉の他、
春から夏にかけては、いろんな花が咲きます。
が少し荒廃が進んだ園を、出来れば多くの方達に散策、山野草を観察してもらえればと。。
5年程前から拠点を水芭蕉園に移しました。
水芭蕉の移植なども行いながら整備活動を行って来ましたが。。。
どんな花が、どの季節に咲くのかを、しっかりと確認しょうと、三年前から始めた植種の調査、
今まで100種程確認しています。

二年ほど前講師としてお願いしました先生。。『ここは大変貴重な山野草があり、興味深い所』とのお話で、
今年に入り、7月21日に、私たちでは確認できなかった、小さな草花等の名前も調べる為、
もう一度、植物薬草に詳しい小谷宗司先生のご指導を。。。。
 そして今日8月27日にも、
各ブロック毎にどんな花が咲くのかを調査しました。
暑い最中ではありましたが、会員の方達も熱心にメモを取りました。、
010花の名前の確認の他に。。
いろんな特徴。。オトギリソウは揉んで止血に使う。。
 葉のざらつくのはリンドウの花。。
藤の木の弦の撒き方で見分ける方法・・・右巻きはヤマフジ、左巻きはノダフジ。。等々
今回は50種ほどの花を。。前回と併せ250種ほどを確認しました。
019
時折名前を確認できない稀少種も。。ありますので、
詳しく調べておきます。。と。。先生。

 次回は9月25日(火)午前9時からの予定で行います。
 少し涼しくなると思います。
興味のある方の参加お待ちしています。