042火の勢いの。。凄さ。。
 背の高いススキの穂に移った。。
火は。。
 4,5mの高さから。。もっと。凄いのは。。10m以上もありそうで。。
おそいかかるような。。勢いで。。
燃え上がり。。ます。。
 熱風で。。熱い。。位。。です。
そんな光景を。。
038取材に。。来られていました。

 肩に担ぐ。。放水は。。
四五人の男性が。。
次の日。。
肩に食い込んで。。
 『歯も痛くなり・・・』。。と
初めて担いだkさんは。。歯医者さんに出掛けられました。