12fcf34b.JPG

昨日は。。。

 予約したように、朝は雨が上っていました。。。

平沢から、桜沢までの中仙道を歩きました。
 
 平沢は江戸時代から盛んな漆器やさんが、約200軒。。あり

 通りに面した店と、そして、中庭の趣きのある通り庭  

 その奥の土蔵では、埃と紫外線を避ける為と、漆は湿度が高い程、良く乾くそうで。。少し暗い中、うるし塗りの作業をされていました。

 贄川宿では 江戸時代の豪商 深沢茂樹家
48882e92.JPG
 屋号は加納屋。。。寛永(1628年)の頃より 古着商を営み、財を蓄え、上方方面に木櫛類の販売を明治十年頃まで商いを続けていたそうです。

贄川関所を見学。。。。。

 近くの橋の欄370c0d5b.JPG干は木曽節の鉄琴が。。。きそのな〜あっ なかのりさん〜ん と

桜沢橋の丁度中間が信濃の国と美濃の堺になり。。

 橋の改修工事は両県が半分づつ負担したそうです。

『これより南 木曽路』の石碑の裏には。。

 歌に絵に其の名を知られたる木曽路はこの桜沢の地より神坂に至る南二十余里なり・・・・・と刻まれています。
 一応これで、中仙道も走破したようです。。

 夏は開田高原や三岳の散策をする予定だそうです。。

南木曽の方は参加していなかったので、もう一度歩く機会が欲しい!!!