0609fd66.JPG

今朝の気温14度、室内21度。
  雨・・・

 まちの案内人の会での視察研修を

7日は木曽福島の水場巡り12ヶ所。。

蓑島さんや三村先生の詳しい案内で。。

権現滝から引水されたり。。関山から、木曽川を越えて、水の供給なされた江戸時代の生活の様子が、想像されました。

  そして、今なお抹茶の湯水として、珍重がられています。

 そして午後2時半。。開田高原へと向かいました。

木曽福島スキー場への坂を登りつつ。。。

「みなさんお疲れでしょう。。一寸眼をつむって休憩しましょう。。」

 開田の案内は私の番ですが。。。

何だか気はずかしくて。。  ベテランMさんの後。。では。。

『う〜ん。。。眠くない。。。』案内を。。。。と。。。

 で。。そろそろ開田の案内に移りました。

新地蔵トンネルをくぐり、少し先を左折れ。。熊野神社へ。。

 天正(1588)の頃、杣木挽を紀州から呼び寄せた折、この神社も建立されました。
 ここには、最近見つかった『イタヤカエデ』の木があります。。。大昔・・大陸と陸続きだった事の証明でもあります。。。

 この葉はカナダの国旗に使われている、葉の形。

ちかくに実生があり。。。皆さんもそうそう。。と確認。

 珍しい星神様の北計星神(農業を司る神)。や大きな水芭蕉の葉にびっくり。。

そして、丸山観音前を通り、

 瑞松寺へと。。。今ヤナギランが見頃で。。伊那の名工守屋貞冶作の地蔵願王大菩薩の像などを見学し。。

 直ぐ近くには、まんぺい小屋(帝塚山学院大学創始者開田の童話作家)・・から稗田の碑。。。へと散策
26722431.JPG
 飛騨街道を藤谷洞では『すっこじ神様』に。。。

明日も雨にな〜れ。。。(反対のお願いをして。。)

  あずき亭へ雨宿りに立ち寄ってもらいました。