55c90ed3.JPG江戸時代から栽培され、織られたいた麻織物の復活を願い。。

 立ち上げられた麻織物研究会

会員も次第に増えて25名。。

 把の沢に『麻布織りの家』

麻織りと書いて、開田ではののと呼んでいたそうで、のの織りの家。

には皆さんの家にあった機織機が持ち寄られて、部屋は狭く感じる程でした。。

 当日雪が振る中。。

松本から駆けつけて下さった宮嶋道江さん達のご指導で、

 織り機の補ac131871.JPG修や、縦糸のかけ方を学びました。

雪は時折止んだり、陽が射しているのに、雪降りだったり。。。

 狐の嫁入り。。。?

狸の婿入り????など、講義をお聞きし、作業しながら笑い声も絶えませんでした。