今朝の気温マイナス4度、室内18度。
  晴れ。。

そろそろ私も展示会ひろこうかなっ・・・

 和裁を始めて、4十年以上が過ぎました。
26761362.JPG
和裁の専門学校・・・
 最初、劣等性で入ったのですが、二年目にいい先生に出遭いました。

 和裁の縫い方に加えて、歴史や、デザインの勉強が進む内に。。。

何だか、和裁が好きになりました。

 学生の身ではありましたが、先生の口添えがあったのでしょうか、時々は、雑誌ミセスや、着物。。など雑誌の撮影に・・・・・・先生の助手として、声が掛かりました。
 いろんなスタジオでカメラマンに向かう素敵なモデルさんへの着物の着付け、綺麗に映る様に、袖や、身頃を細めに・・・・後ろで木鋏みで修正をしたり。。。
ea5a246a.JPG
 そして、時々はフアッションショウの着付けにも。。。お手伝いとして付いて行きました。

 ショウの着付けは素早さが必須。。。

モデルさんが着替え易く、そして、先生が着付けし易い位置に紐を置き、足袋は素早く履けるように、三分の一は折り返して置いて・・・・

 着付け時間は5分から、10分位の早さです。。。

何度かファッションショウに出掛ける内に舞台裏の内情も判って来ました。。

 ツゲ櫛一つで、髪型を整える、男性美容師さん。。。昭和40年代当時、女性の職業だった中ではとても珍しい事でした。。。

 梅田の心斎橋筋に少し入った、美容院のマスターでした。。。

又売れっ子モデルさんや売れないけれど、優しい可愛いモデルさん。。。。

 茶封筒にギャラが配られると、その中から、美容師の先生に何枚かのお札を払って居られる風景。。。  今も時々想い出します。。

 デザインの勉強は楽しかった。。。

そして、学校では年に一度のファッションショウが開かれました。

 初めてデザインした黒い上下の雨コート・・・・フード付の裏は真っ赤な色。。。

モデルさんが着て・・・写した写真やあの作品が茶箱の奥に眠っている筈です。

 又、一つは当時習っていた金線七宝でよく創っていた『ももじ』の色ぼかしを付け下げに描きました。。。

 これが、院長先生の目に留まり。。。

もう時効でしょうから、お話しますが。。。。

 『このデザインを使わせて欲しい』。。。とおっしゃいました。。。

それで、私は院長先生がデザインされた、ベルト位置にスパンコールをあしらった緑色のコートを作る事になりました。

 布は在社していた、カネボウ、ナイロン総部から、提供いただきました。

初等・中等、高等科から、教生、師範科へと。。。。

 遊ぶ暇どころか、寝る間も無い縫い物三昧の日々でした。。。

初等科で一緒に入った、25名の同級生でしたが、師範の免状貰った時には私一人だけに・・・

 そして、思いもよらぬ学院長賞まで頂きました。。。。

和裁を習って、洋裁の細かな仕様が少し楽になりました。。。

 そして、27・8年前から、編み物を始めました。。

着る方の・・・・・
 自分の好みと身体にぴったりと合う様な、洋裁の採寸方法を取り入れた、輪編みの方法は・・・・自己流と言うか、我流ですが。。。。

 脇継ぎが無く、袖も輪で編んで行くので。。。軽くて着易く。。。

眼も悪くなってきました、指も曲がってきました。。。

 そんな・・・・今を見ても貰おうか!!!と思います。

先日ご注文頂きましたコートです。。

 古布をパッチワークにし、ミシン縫いですが、襟ぐり周りはつれない様に、手縫いにし、総裏を付けましたが、重さは340gに出来上がりました。

 気に入って下さったのでしょうか、もう一枚部屋着を縫って下さい・・・・
         との事。。。