aeedaa16.JPG

久振りに孫達が泊まりに来ました。。。

 生まれた時から一ヶ月程を我が家で過し。。。
あの時以後に『あずき亭』をオープンしたので、もう直ぐ5歳はK君と同じ年です。。。

 「もう直ぐ僕の誕生日。。』とK君の言葉に、
丁度持って来た布の中から、プレゼント用に、二人の枕を作ることにしました。

 洗っておいたそば殻を皆で詰めました。

 そして出来上がった枕で、昨夜は眠りに着きました。。

一昨日K君と恩田のお宅をお尋ねした時、
 お届け物を済ませ、挨拶をして、K君が車の方へ戻り掛けて。。。

『危ない!!車が来るから。。。』と声を掛けて下さり

 私は慌てて振り返り、K君を捕まえて。。。

 その後少しして、K君が突然
大きな声で、拒否。。。。
 何という言葉を言ったのか、はっきりした言葉だったけれど、。。。

今まで、温和なK君には無い罵声。。。。でした。

 母親だったら、パニクッテいたかも・・・、でもお婆ちゃんです。。孫の事ですので(少し冷静に受け止めました)。

ニコニコと見送って下さる皆さんに
 お暇して。。。

暫らくして車の中で、
 事情を話す事に、
飛び出して、K君に何かあったら大変だから。。。

とK君は『僕は飛び出さないよ!!!(見て判らなかった)』

一寸間をおいて。。。

『大人だったら、そんな事位判らないの!!!』と強くはっきりした言葉で。。

 助手席で話すK君が未だ4歳の子供から出る言葉とは思えず。。。

これはもう大人の会話で行くしかないと咄嗟に。。

「そうなの!
 でも『ここで待ってます。。。』って言って欲しい。。
 そうでないとK君がどうするのか判らない物、・・・・お腹が痛い時は痛いというように、お腹が空い時は空いたと、やっぱり言葉でちゃんと言ってくれないとね。。。」

「(大人にそう思うんだったら)こんなに心配している事、K君は判るでしょ!!」

 そぅすると。。。何か覚悟しての様に。。。

 話し出しました。。。
一寸太い低い声で。。。

 その内容は保育園での事、新しく年少さんが入って来て、年中さんとしての戸惑いが爆発してしまったようです。。。

 そして、誰かに注意された様子が。。。。。

あの場所で思い出された様なのです。。。

 話し終わると、元の親近感のあるK君に戻っていて。。。

 家に戻り、娘に少し事情を話しておこうと。。。

K君の行動とその後の車中での話し。。。悩みの内容に差し掛かると、
K君は、口に人差し指を一つ立てて。。。。

 それは、K君と柳又婆ちゃんとの秘密の約束。。。。

孫達も寝静まって。。。

 娘も『そう言えば最近何だか(言葉や態度が)荒れてるようで・・・・・理由が解って良かった。』と
 珠には、一ヶ月に一度位は泊まりに来てね。。。

見えなかった物が、違う方向から見ると、判る時もあるよ。。。