4be4b89b.JPG

お客様には鹿の子絞り羽尺を解いて頂き、水で押さえ洗をし陰干しして頂きました。こちらでアイロン掛けし890b21eb.JPGゴースの裏打ちの補正をしました。着丈95cmの出来上がりに全体が黒に仕上がるように 、なるべく軽く着易く・・・と大島紬を組ませました。デザインは大胆でも落ち着きを持たせ、限られた布の配分は割とスムーズに決まりました。ただ大島は伸縮率0、相対する鹿の子絞りは、裏打ちはしているものの幾らでも伸びていきます。糸印はきっちりと見頃の緩みはアイロンの蒸気機能で補正し乍ら、最後のポケットを付け上がる迄、気を抜けない毎日でした。