25460636.JPG

(ナデシコ科センノウ属)

樹陰地の草の間に生える多年草。高さ50〜70cm茎は節が高くその上部は黒褐色。葉は倒卵形で長さ4〜8cm。花は7〜9月頃に咲き、朱赤色で径5cm位。がくは円筒状で長さ2cm位。和名の由来は、茎の節が黒っぽいので、節黒、花がナデシコ科のセンノウに似ていることからついた。別名オオサカソウ(逢坂草)という。