2006年10月

あずき亭

36b89a56.JPGベストが完成しました。柔らかい肌触りはAHSワインカラモヘア、細い糸を6本取りにして、メリヤスの表裏をランダムな柄にしました。340gととても軽くて温かい、ボタン胡桃で、ご希望の7594e3df.JPG月様お星様
 又、もう一枚のベストあずきのウール、ベスト上部は軽く、ウエストの当り、は黒の並太ウールの二本取りで温かく、今流行りのちょっと丈を短くして・・・背中お星様小さなポケットを付けました。 (118・119枚目です)

満員の『道の駅』日義木曽駒高原でした

19210636.JPG今朝9時には12度、室内26度。本日快晴。
 杜子春上松へ、工芸展の作品の引き上げに、その後テープカッターや、からくり屏風を木曽福島の木曽路文化ギャラリー森の遊子ハローワーク横)に展示する事になったから・・・・と出掛けました。
 昨日の『日義道の駅』での観光案内は、朝早くから夕方4時頃まで、お店への客足は絶えず、朝の内に雑キノコや果物野菜や栗小餅など、すっかり売り切れて。。。。。観光のお客様も最初はR19沿いは未だ紅葉していないのですが、一人のお客様が何処か好い所ないです???とそれに答えてを紹介案内した所、私もそのルート教えて・・・・私も・・・と引っ切り無しに時の経つのを忘れる位でした。木曽福島から国道361号に入ると回りの山々の紅葉真っ盛り、地蔵峠への道や、日和田から見る乗鞍野麦峠三岳の川沿いの紅葉、又赤沢美林寝覚の床、妻籠・馬籠柿其渓谷・・・・キノコの食べ方、三つ子のお孫さんへのお土産の相談、宿の場所や、権兵衛トンネル長さや総工費はいくら???とバスガイドさんから何度か聞かれ、役場に連絡、資料を探し・・・など忙しい一日でした。余りの忙しさにデジカメ撮るのを忘れてしまいました。
 先日出掛けた王滝『モクセイ舎』の玄関に咲いていたリンドウの花。

本日『あずき亭』臨時休業致します。

97563a77.JPG

季節が良くなるとひょっこり本当に久方振りにお出掛け下さる方が居られります。そんな方には誠に申し訳在りません。日曜日ですが、今日は道の駅日義で観光案内の為あずき亭はお休みさせて頂きます。
 を眺め、川音を聞きながら、柳又のこの家では、『時間がゆっくり流れる気がするね・・・・。』ともう7・8年振りに来られたOさんがしみじみと、『ちっとも変わらないねぇ・・・・』と頭を撫ぜながら杜子春は「いやぁ!!!20年前は若かった・・・・・。」
 
別荘の絵描きさんはどうして居られるの?』大阪から今年でもう来られ無いかも知れない・・と毎年言いながら10年も過ぎたMさんの事、絵が優しくなって来た、男性を思わせるような絵だったけれど、今はとした色合いもの描き方も・・・・・。又Oさんの絵も優しく温かくなった気がします
 
杜子春の作品にも大分変化が・・・・。今日は天然桧のカッティングボード(小さなまな板)を作りました。持ち手はエンジュの木で、カンナ仕上げが上手く行きました。
今編み物は冬迄沢山のご注文を頂いています。なかなか捗らず、お茶でも飲みにお立ち寄り下さい。先日Nさんに頂いた花豆は薄味で、水あめと醤油少々で味付けし、頂いたと相生の浜で天日干しされた、小魚は出し雑魚にするのには勿体ない、レンジで、チンすると、香りも良く味も増すと教えて頂いて、麦茶と一緒に上って頂いています。(頂き物です、御茶は無料サービスですので・・・・)庭のワイルドストロベリーが今頃とても甘くなりました。

第4回『木曽学シンポジューム』報告

7137717a.JPG24b2fa5e.JPG曽学シンポジュームに行って来ました。何組かの来客があり、40分程遅れて保健センターに到着『ふるさと三重の語り部』のお話は聞きたかったのですが、既に終わっていて、ラフティング倶楽部児野さんのお話を聞きながら、夏に木曽福島、木曽川の橋の上から、名古屋の修学旅行生のラフティングの説明をして下さった方でした。郡上八幡吉田川では今も住人や観光客が飛び込みや川遊びを楽しんでいます。木曽川でも川遊びする姿が戻れば・・・を思い描いて・・・・・。
 NPO法人 緑の挑戦者伊藤健一さんのお話では、名古屋の住民は愛知用水の恩恵を感じているが、そのズーと源流は木曽川です。以前王滝の村長さんのお話の中に、木曽の森林は酷く荒廃している人工林の8割が荒れている・・・『何か出来る事は無いだろうか!!』森林の手入れを思い立ち4年前から、間伐材の手入れに、昨年は240名今年は110名の方が、ボランティアで作業に来て下さっているそうです。・・・・『何が出来るかと考えた時、お金はないが、素人だけど、作業して、それで帰る(何の見返りもお礼も)・・・それだけでいいんです』・・・・・・・。活動報告が終わり、場所を移して交流会が始まりました。
 開田おやじさんが漫画本を持参され、バイオリンで今は世界的に有名になられた陳昌鉉さんの伝記が漫画本になっていて、その中に田中勝巳さんの名前がありました。一度聞いて見たかった・・・・丁度挨拶に廻って来られた田中町長さんに『これ!は本当の事ですか?』うわはっは・・・・・と笑いながら『高校生の頃アルバイトに今の木曽病院近くの川原で砂利運びを陳さんや5・6人でやりました。近くに賭殺場があり、牛の解体をしていた、骨の間に残っていた肉で、焼肉をして食べた・・・・、あれは旨かったなぁ・・・・。』後日さんとその話で盛り上がった・・・・。
 又伊藤健一さんともお話出来、遠くの皆さんが大変な作業に来て下さって、地元の私達も共同で作業させて貰えないか、又、遠くから来て下さる方々に作業の後、綺麗な山野花や御岳山、渓流等も見て帰って頂きたい・・・・。『山野草好きな方も居られますそれは良いですね。』と思わぬ楽しい夕べとなりました。

第4回『木曽学シンポジューム』

069409ef.JPG今朝の気温0度、室内15度。畑は真っ白に霜が降りています。でも昼間は温かくなるとの予報です。
 今日は午後3時から木曽学シンポジューム木曽福島保険センターで開かれます。
諸戸 靖氏(ふるさと三重の語り部)
西田 壽氏(文化創造部次長兼木曽川学研究所長)
児野 雅政明氏(ラフティング倶楽部)
伊藤 健一氏(NPO法人 緑の挑戦者)
報告会・講演会が開催されます。
 参加費用500円 交流会参加(5時30分〜1000円)
10月29日(日AM10:00〜木曽福島センター
富山 和子氏『水と日本文化〜21世紀における山村の役割〜』
 PM3:00〜三岳小学校体育館
歌舞劇団『田楽座の公演があります。参加費2000円
 歌舞伎は見たい〜けれど明日は『日義道の駅で観光案内』の為止む無く・・・・

開田高原・唐松の紅葉も見頃・・・・

68c1fac0.JPG43aaf43c.JPG今朝の気温6度、室内21度。表に出ても寒くは感じない朝。日に日に紅葉が深まります。
 ウルシ白樺・などの紅葉に加え、唐松も紅葉美しくなりました。唐松がチョコレート色の紅葉に変わるとはほんの真近です。九蔵峠にも紅葉見物の方が沢山来られ雄大な景色に『フウゥウ・・・』とため息が出て。。。。
 『開田は・・・・降ってるんじゃないの!!!!』と木曽福島の方に脅かされ、毎朝起きると『今日は雪では????』心配の日々です。御岳山に七度雪が降ると里にも雪・・・の諺があります。

開田高原・柳又散歩

a0a8f70d.JPG今朝の気温1度、室内19度。
 昨日は早2d6c4232.JPGく寝たので4時半頃に目が覚めました。外は真っ暗ですが、空が少し白み架けています。遠くにお隣の部屋の明りがほの白く見えて・・・・、もう何か作業をされているのでしょうか。近くのYさんは3時起床との話です。
 今年の紅っ盛、柳又からも九蔵峠の紅葉や、把の沢への丘陵の自然林が色とりどりに本当に美しい・・・・です
 草丈70cm位に色鮮やかな実は、天南星(マムシグサ陰湿地に自生する雌雄異株の多年生草本。ヘビノダイハチ(蛇の大八)、やムラサキマムシグサ(紫蝮蛇草)などの別名がある。夏に蛇が鎌首もたげたこの姿を始めて見た時は驚きました。又このちょっとドクドクしい大きな赤い実も、可憐な山野草群の中に目を引きます。地下に扁平な球根をすりおろし、オデキ等デキモノの吸出しに民間療法として使われるそうです。

『長野県総合防災訓練』が行われました

148b09ee.JPG

木曽町社協ボランティア講座の一環として、10月24日木曽駒05763d64.JPG森林公園で行われた、『長野県総合防災訓練』に参加してきました。
東海地震の警戒宣言が発令された地震の規模マグニチュード8.0木曽町の震度は6弱を観測その後阿寺断層を震源地とする震度6〜7を観測各地で家屋の倒壊、火災、山崩れ災害が発生したとの想定で・・・・・
 私達は文化ホールで、災害ボランティアセンター立ち上げ訓練、受付班、ニーズ電話班、マッチング係、送出し・迎え入れ班に別れ、
 先ずボランティアに来て下さった方の受付、保険の登録をして頂く為、受付用紙に住所氏名や連絡先等の記入、左腕にガムテープにご自分の氏名を明記し、待機。
 その間にニーズ班には、災害に遭われた方からの色んな要請の連絡が入り、例えば、家具転倒により、部屋の片付けや、消火栓破損により、店内水浸し、ショウウインドーのガラスが割れた等の要請をメモにし、マッチング係に届け、マッチング係が、作業内容により、男女の別、人数仕事内容により、地図で場所説明も在り、ボランティアさんを現場に派遣の手配をします。
送出し班では必要な備品類を貸与され出発。当日は現場への作業は行いませんでしたが、作業した、場合の報告書を作成し、迎え入れ班に報告しました。ホールでは、『福祉非難室設置訓練』や、村井知事も視察に来られ、皆さん携帯のカメラで映し『待ちうけ画面にしょう・・・』等の話。外では、地震体験や、煙体験等も行われていました。

紅葉真っ盛りです・・・・・・

df43de89.JPG今朝も霜が降りていましたが、8時過ぎには気温も上がり。16度、室内22度。
 洗濯物・濡れた靴やジャケットも干しました。又今切干大根もいcm強に切り籠の上に干して、冬の備えにしています。紅葉も今が真っ盛り、開田高原里山全体、三岳の倉越高原、木曽福島や駒ケ岳も本当に美しい・・・・です。

「日本風景街道」木曽地域視察

c254091d.JPG245b8310.JPG土交通省が今迄の早ければ・・・の道づくりから地域主体の美しい道路空間づくりを支援する日本風景街道(シーニック・バイウェイ・ジャパン)』の戦略会議委員の皆さんが東京から視察に見えました。妻籠・大桑村須原「水舟」・上松寝覚めの床・から木曽町の視察後、木曽文化会館にて意見交換会が行われました。
 「忘れな草を守る会」も参加させて頂き、現在33の団体が加盟する木曽風景街道推進協議会のメンバー今回はくろかわ富留里作り推進協議会・上松町「木曽ひのきの森」・南木曽桃介橋河川公園組合・木祖村村同好会の活動内容や、困っている事等の説明が行われました。
 戦略会議委員東京工業大学名誉教授の中村良夫・や都市ジャーナリストの森野美徳氏はこの視察がより豊かにする為のヒントになると思います未だ見えている訳では無く、今始まったばかり・・・ただこれを機に木曽全体の意見交流が出来ればいいですね。木曽では公共サインの統一は5年まえから実施していますと田中町長さん。地域住民の木曽を思う取り組みとこの国土交通省の日本風景街道が融合実現には時間がかかりそうそうです。が皆さん個々の活動に拡がりや意欲が増したのではないかと感じました

今年のお米は不作気味・・・・

4c121d1a.JPG8755f800.JPG今朝の気温7度、室内21度。昨夜寝る前に入れて置いた薪がすっかり灰になっていましたが、部屋はほんわかとして快適です。
 最近はズーと開田産のお米を食べています。引越した頃はナンエンと言う品種で味はちょっと今一でしたが、10年程前からは本当に美味しくなりました。品種はきららでも今年は気候の加減か西野地域のお米の収量が60%位に落ちた・・・との事です。『これ食べて・・・・・』と今年の新米をKさんから頂きました。作業やちょっとした、ミシン掛けのお礼に・・・・。有り難いです。
開田では出来る事はお手伝いして、畑で沢山出来たものは、分け合って等、の心での住まい方が残っている気がします。
 柳又にもハシドイ(別名ピラミッド紫陽花)の花がとても綺麗に咲いています。

来年はツリーハウスを作ります・・・との事

f3683730.JPG04f004f7.JPG西野恩田の別荘地でもがとても綺麗です。もう唐松の落葉も始まり、道路の両端には細かい唐松の落ち葉で道が茶色く見えます。走行にはとても滑り易いので、ご注意下さい。
 別荘にも沢山のお知り合いが出来、先日もあずきに来て下さった、Aさんのお宅を見せて頂きました。大きなテーブルの上にはダッチオーブン料理の本・・・、庭にはお手製の燻製機が在り、ベランダも手作り・・・、今度、ツリーハウスを作る予定と庭の大きな唐松の木に・・・・、満面の笑みでお話される様子は、・・・来年又ツリーハウスの完成を拝見に行かせて戴きます。
杜子春羨ましそうな複雑な表情です。

今朝の気温0度・・・・・

873738fb.JPG10544739.JPG今朝の気温0度、室内15度。
 顔を洗うと手の切れそうな冷たさです。
杜子春金・土・日とお弁当持って木曽の工芸展(上松)に出掛けています。道中の紅葉素晴らしいのですが、お客はさっぱり・・・・・。昨日はたせやさんの大きな囲炉裏で誰かが持参のキノコできのこ汁は『美味しかった・・・』通りすがりにでもちょっと寄り道してみて下さいませんか・・・・。
 我が家の庭のもとても綺麗になりました。

柳又散歩

988ab9dd.JPG今朝の気温4度、室内19度。
 柳又のYさんは毎日3時に起きて、農作業に取り掛かるそうですが、5時では外は未だ真っ暗です。
 柳又を散歩すると、未だコスモスや、エノコロ草等が咲いています。アザミの一種で名前ははっきりとな判りませんが、植物図鑑と照らしあわすと、ホソエノアザミでしょうか、道端に咲いています。

木曽の工芸展14th

158a3776.JPG今日杜子春の搬入について行って来ました。
22a25743.JPG 上松のねざめホテルと食堂中村さんとたせや(田瀬屋)さん
ねざめホテルは玄関先にロビーに出展者の写真や作品が展示してあります。
木工展には関係無いのですが、ホテルのフロントには色んな資料が置いてありました。・りんてつマップ、・滞在の楽しみ方、〔攅に挑戦⊃桶亞Ψ┿矯μ攸哨劵離工房見学Д悒板工芸細工木曽踊りを体験や
 たせやさんの資料として、中仙道寝覚、臨川寺参道入り口、木曽立場茶屋13軒の一つ、臨川寺の僧が建てた・・・石垣は城積みと云われる独特の石積みで、築300年囲炉裏のある大広間は釘が一本も使われていない、昔大名等の休憩に使用された上段の間や、水浴に使われた風呂場もある、大名、お女中、姫君、門跡など幅広く利用され、皇女和宮もこの前をお通りになられた・・・・と女将さんの話・・・・大黒柱のある囲炉裏の 部屋に杜子春の椅子も展示しています。

木曽の工芸展14th

5277a862.JPG1551078d.JPG上松から木曽川沿いの紅葉も真っ盛りになりました。
景色の好い所大きな望遠カメラを抱えた方達が・・・・先日日本で最も美しい風景の一つ・・・・とちょっと判り難い日本一に選ばれた開田高原の紅葉も素晴らしくなってきました。

ちょっと寄りみ道『木曽の工芸展14th』

814aaf44.JPG5ec16b3b.JPG今朝の気温6度、室内21度。
 今日から本格始動します上松で行われる『工芸展』木の工房杜子春も作品が又出来上がりました。もう10〜何年も思案しつづけた馬の鞍をイメージした、玄関先でちょっと座れる、ブーツを脱ぐ時、靴を履くときちょっと座れればいいなあぁ・・・・。材は栗の木、座面はペーパーコード。見た目よりもの凄〜く軽くて、持ち易い・・・・です。
 今回杜子春の作品はねざめホテルたせやさんに展示しています。お時間ありましたら、ちょっと寄り道して下さい。

長野県木曽青峰高校と命名・・・・

8d8f80d5.JPG今朝の気温5度、室内21度。薪ストーブのほのかな温かさが快適です。
 昨日回ってきた回覧板の中に木曽高等学校木曽山林高校の統合校の校名が決まりました。新しい校名は、『長野県木曽青峰高等学校』です。名前の理由青峰という言葉は
 豊かな森を育む山々とそこから湧きいずる清流、そして青い空に囲まれた豊かな木曽の自然の中で勉学にスポーツにすくすくと伸びゆく感性豊かに育ってほしいという願いを込めて命名した。
普通科・特色学科(理数科)・専門学科(農業科、工業科)・定時制普通科
学校目標
・地域から信頼されるとともの、地域に支えられ育てられる高校
・それぞれが望む進路を実現する高校
・生徒が互いに切磋琢磨して、未来に向かって成長していく高校
・一人ひとりが認められ、大切にされる高校
・生徒会、クラブ等の諸活動が活発な高校
・地域の将来を創造する人間、広く社会に寄与する人間を育成する
平成19年からホームルームの一部合同、クラブの統合、等を経て・・・・
平成21年度木曽高校校舎をメインに木曽山林高校校舎で行う実習の移動はバス使用。平成22年からは定時制高校も切り替え始動。との事です。

『7月19日岡谷豪雨災害』の視察に行って来ました

82c0de22.JPGc50f5f17.JPG木曽町ボランティア講座の一つ『災害ボランティア研修』に7月19日岡谷市で起きた豪雨災害の現地視察に社協の皆さん達と出掛けました。
 岡谷区民センターに到着後区長さんからその時の状況説明がありました。湊地区小田井沢川流域は小さな沢は此処何百年も災害など発生した事の無い場所、余りの大雨に当時役場職員の方の宴会を8時頃切り上げ、役場に戻り、近くの住民が山が動いた・・・・、と様子を見に行かれ、土砂に巻き込まれ、被災された。前日より雨の様子が気になり、区長さんは夜中の4時頃様子を見に出かけ、土砂が流出する中、個々の町の様子を把握する為、流れる土砂に何度か足をとられる事もあり、その後昼夜を問わず住民の避難誘導やボランティアの方や行政との折衝など、住民を思う熱い思いの行動言動は、本当に心打たれました。現地を見せて頂き、中央高速道路の直ぐ下、上は自動車が往来する中、土砂が一機に流れ込み、此処にあったお寺が跡形も無く流されて、その下のお宅は一階が柱だけを残し、流失してしまい、すんでの所で二階に非難して助かった事、など、
死者8名負傷者14名全壊10件半壊17件床上浸水18件床下浸水181件
その後6000人ものボランティアさんの助け、近くの住民の手伝い等で今は何軒かの住宅を残し、普段の生活にも戻られていました。区長さん最後のお話の中、山が荒れている事が、最大の理由だと思う、これからは山の健全な整備を進めて行きたい・・・・。とあの区長さんなればこそ大きな被害も無く、復旧も此処まで、来たのかと痛切に感じました。

今年の栗は収穫3個・・・・

b31bc231.JPG92fc9bb2.JPG今朝の気温4度、室内13度。
 7時半頃陽が射し始めました。畑には霜が降りていますが余り寒くは感じません。昨年からの桑の小枝を肥料袋に入れて、持ち帰り、薪ストーブの火種に使います。横の栗の木は夏に青虫に葉っぱを食べられて、今年はこれで3個目の実しか収穫出来ませんでした。
 も次第に里に下りて来ました。

可愛いお豆さん・・・

f9f9feeb.JPG白菜の収穫もそろそろ終盤になり、エゴマや、アズ類の収穫期です。Nさん宅へ立ち寄った所、手づくりアイスクリームをご馳走になり、お豆等頂いて来ました。以5be1ac61.JPG前も頂いた白菜やズッキーニ、ジャガイモ人参全てを煮込みカレー味にしたり、クリームシチューにさせて貰いましたが、どの食材と一緒にしてもなじんで優しい味がします。今回可愛いはまるでフグ・・・のような洋服を着ています。

今日も紅葉の御岳山が綺麗・・・・

feb0f02a.JPG28dfd96d.JPG早くから、西野の奥へ、肥料を分けてもらいに行きました。牛糞とパイナップルを原料にした酵素を混合発酵させて、匂いも無く野菜の育ちも良く、別荘のSさんはこの肥料が気に入り、来年の為、野沢菜の収穫が終わったら畑に撒いておくそうです。の畑も17年間完全無農薬で、栽培しています、ハーブには余り肥料はいらないのですが、この肥料成分が強いのか、来年まで、寝かせてまろやかになった物を、ほんの少し上げています。ズッキーニはその性か、今も収穫できています。
 西野から眺める紅葉と御岳山もいいですね・・・・・

昨日の『道の駅日義』観光案内報告

af702ac0.JPG

昨日は御岳山の雄姿と紅葉の穏やかなな日和でした。
 『道a4614c67.JPGの駅』へ到着すると早速にねずこのを作っている上村さんの電話番号教えてあげて・・・・。と8時15分頃、第一番のお客様がみえました。道の駅の直ぐ前の靴と婦人服のお店『かみむら』のお婆ちゃんは新聞にも掲載され、この鼻緒が欲しいんだけど・・・・。拭き掃除もそこそこにを見たい・・・、御岳山に登りたい・・・ケ岳へ行くには・・・・、子供が遊べる所・・・、赤沢美林・・・寝覚めの床・・・妻籠馬籠・・・、半日遊べる所・・・・、木曽福島の見所や、宿場町見学義仲館・・、次から次へとお客様が来店され、『木曽町にて』のパンフや『高原の仲間達の地図』、『小さな旅』の地図もあっと云う間に無くなります。
木曽町のパンフが足りなくなり、伊那の『南信州.Com』のパンフを置いたら、今度は伊那地方へ人が流れメルヘン街道はどこです?、コスモス祭り(飯島町)はどこです?等、伊那観光協会へも連絡を取りました。 何本かの松茸や野菜果物、神戸へのお土産には野沢菜とキノコ野沢菜どちらがいいとおもいます!最近売り出した開田産のコーンスープも置いてあり、入り口近くの開田の蒸かしトウモロコシ等も人気で、所長さんが追加注文されていたり、レジと間違えられて、急ぐから、お金払う・・・などと忙しい一日でした。
 木曽町もパンフの充実を一日も早くお願いします。

帽子が編み上がりました。

b31067ae.JPGからご注文頂いて居た帽子が出来上がりました。一枚に3・4日かかったものや又は一日一枚出来たもの等、いろんなのを次々に思い浮かぶまま作りました。ご注文は二枚だけなのですが・・・・・・・。珠にあの商品はお幾らですが・・・のお問い合わせがあります。一枚3000円です。
 今日は日義道の駅』の観光案内の為あずき亭はお休みさせていただきます。

御岳山6・7・8合目紅葉真っ盛り・・・

00851196.JPG今朝の気温4度、室内(薪ストーブの火は消えていましたが)17度。
 先日の月曜日9日初冠雪がありましたが、写真写せず、その雪も昨日はもう消えていました。
 下の原を通り掛ると御岳山山肌が紅葉・・・・。例年は7・8合目が真っ赤にみえるのですが、今年は急な冷え込みが無く、少し茶色味を帯びて、ナナカマド・ダケカンバ・ウルシ・桜・ナラや白樺・そしてもう唐松の紅葉も始まっているようです。柳又から九蔵峠を見上げると、先週より、色とりどりの見頃になってきました。
  地蔵峠倉越高原日和田白樺林も素適です。来週に入ると、三岳・西野川沿いがとても綺麗になると思います。

農業研習生のNさん宅へ御呼ばれ

7685e092.JPG昨夕『散髪して!!!』と杜子春はさっぱりして、お風呂にも入って、先日テレビを見て一度逢ってみたかったとおっしゃるYさんもお誘いして、Nさん宅へ出掛けました。
 飯ごうで焚いた松茸ご飯や、きのこ汁は無農薬の自家製野菜は根っこごと入れて、卵と玉葱で手づくりのつくね、いろんなダシが相まって何倍もお変わり・・・・。今夜はYさんの貴重な人生の遍歴お聞きしました。若い時は北島サブちゃんではないですが、流し・・・もしていた事がある。
 私財を投入8人で始めた養護施設が今では職員100人以上に施設の皆さんもそれぞれに自分の生きたい道を選んで、生活されておられる様子、等3時間余り・・・今回は杜子春の出番も無く、そんな施設の皆さんの顔を見に何時か和歌山へ旅したいなあ・・・『白菜の出荷が終わったら、みんなで泊まりに来て・・・・』と・・・・・・。何時か行けたらいいですね。

紅葉も少しづつ進んでいます

86ad9d3c.JPG今朝の気温グングン上って14度、室内16度。
 今日は杜子春木曽の工芸展』の搬入です。名刺作ってくれるぅ・・・・。何時も当日になって言い出すのがクセ・・・・、「えぇぇ何枚!!!!」『ちょっとやそっとではあかん・・・・100枚単位。」パソコンで印刷直ぐに出来ました。後はハサミでチョキンと切ります。どうせやるんなら、はい。。。。で出来ない物か・・何時も思う大昔は素直だったけど・・・・。
 昨日雨の中、から下の原に向かう途中道路の真ん中で立ち往生の車の方『どうされました・・・・?』何処へ行こうかと【ものづくり高原の仲間達】の地図を見ながら尋ねて来ても皆さん留守・・・・「そうですか、あずき亭です。」『いっらっしゃいます?』と聞かれ、今はリースの材料(野イバラの実)採りに下の原に・・・午後は家に居ます。とお答えして、午後早速来店して下さいました。温かいハーブティをお出しして、丁度来られた別荘のYさんとも話しが弾み、2時間半はゆっくりされたようです。記念に杜子春のテープカッターを、木肌に触れていると安らぎます。インテリアにもいいし、ここに花を飾ります・・・・・・。
 も少しづつ進んで来ました。

第20回『忘れな草を守る会』報告

9dd3c5c1.JPGd1229d0f.JPG0月7日雨模様の天気予報もかろうじて曇り空、『忘れな草を守る会』は天候には恵まれています。開田小学校水車小屋付近には12名集合、草刈機と手刈りで、思い切り草丈も短く刈り込みました。休憩を入れながら1時間程の作業を行いました。忘れな草はマダマダ咲いてもう少し先迄、花が鑑賞出来そうです。
 その後池の沢に向かいました。

第20回『忘れな草を守る会』報告

5552ca28.JPG曇り空乍、かろうじて雨も無く、ゴミ袋や金ハサミを手に九蔵峠を散策。今回は池の沢に車を置いて、展望台迄2km位を往復4kmをゴミ拾い散策する事にしました。は今少し、見頃は来週〜再来週でしょうか
 菓子袋に発泡トレー・飴やガムの包み紙にペットボトル・ジュースの缶やビン等、沢山のゴミがありました。歩く途中にf7d47599.JPGキノコに出遭ったり、途中何台か、観光客の方が頭を下げて下さったり、あの方はゴミを落さない人かなぁ・・・・。歩くと展望台迄は結構かかり、帰りは下り坂の為か、皆さん早足になり1時間半の行程でした。

第20回『忘れな草を守る会』アフター

462cf452.JPG

下の原のHさんの別荘に急行・・・・。庭にはグリルにダッチオ50212ca9.JPGーブン鍋が4つも5つも並び、食器も揃えられて、先ずスープを頂き、ジャンバラヤスペアリブ、作業疲れに食欲も旺盛です。奥様が手作りのりんごのデザートを頂き、コーヒー・・・と大きなターブの下で野外料理を堪能させていただきました。ホストのHさんご夫妻始終にこやかに、料理の説明やホッとする笑顔が心も温かく癒された一時でした。
 手羽先の燻製は一度湯通しした手羽先を桜のチップで燻製に体験された方も居て、私は杜子春にお土産に頂いて来ました。Tさんからは美味しいメロンの差し入れもありました。若いFさん夫妻風邪等引いていませんか・・・・。
 作業お疲れ様・・・・・・ありがとうございました。

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ