あずき亭・臨時休業のお知らせ

a2f2abb3.JPG

今週末93c6bc5f.JPG5月27日(土)は又日義道の駅にて観光案内の為休業させて頂きます。六月は梅雨の為か道の駅での観光案内はありません。次回は7月17日(月)勤務の予定です。五月の連休中には留守の間にお出掛け下さった方、誠に申し訳ありませんでした。
 やっとコートが出来上がり、こんな夜中にらっきょ・・JA木曽福島で2kg購入今回も手間を省き塩漬け用を今塩抜き中です。半日置いて甘酢と鷹の爪漬け込みます。大好きなカレーライスには一回に20粒位食べます。JAで今も安くなって来ました。小粒一パック190円位4パックを苺ジャムにしました。約1kgを砂糖は三分の一を入れ、最初は強火、沸騰してきたら灰汁をすくい、弱火で20分程煮て、レモン汁を加え、熱い内に瓶に詰めました。今度安い苺を見つけたら夏の為にシャーベットを作ります・・・・。

6月3日『忘れな草を守る会』

bc2c9e55.JPG

 第16回忘れな草の整備作業を行います。
爽やかな開田の木々や流れる水に触れながら、皆さんとの交流を楽しんで下さい。

平閉  平成18年6月3日 (土)
 
 AM8:00〜12:30

 集合場所 開田小学校水車小屋付近 旅館望嶽荘さん横

★整備作業・散策・昼食費として1000円をご持参下さい。                        
★作業し易い服装 長靴 ゴム手袋 鎌・枝切りバサミ・竹ぼうき等各自お持ちの作業道具、無い方は草取り等、
 雨天の場合も会食、懇談致します。 

申し込みはEメール又は0264442314 迄ご連絡下さい。
(会食申し込みの為必ずご連絡お願いします) 

タチツボスミレ・ニリンソウの群生

4b7b22a4.JPG

西野土橋から村21c621a8.JPGの中へ、細い道は昔のまま、大きな酸実(ズミ)の木に真っ白な花が満開です、余りの大きさに車を降りて、近寄って行くと、その山肌に紫色の群生が、タチツボスミレでした。小さな別荘の入り口付近・・・、大切に保護されていたのかしら、その道下には又、白い花が・・・・・今満開のニリンソウでした馬小屋の柵の影に咲いていて。。森村桂さんのあの本に出てくるような・・・・。

開田高原・木曽馬の里

3c1fabe1.JPG

今朝4d764338.JPGの気温11度、室内21度。外では少し肌寒いと思ったら霧雨が降り始めました。  
 昨日は少しガスッていたものの開田高原は行楽日和木曽馬の里御岳山木曽馬を背景にカメラを構える方や又絵を描くグループが何組か・・・。
 奈良から友人が、開田高原は初めてなので、話にも花が咲き、又いいところ沢山見せて上げたい・・・白樺の木々に浅黄色から若草色・濃緑と山々の新芽の色合いにも。未だ残る山桜や黄色い花は何・・・・。と見るものに感動の気持は昔とちっとも変わっていない。『又来るね・・・。』いろんな季節にいろんな表情の開田高原又何時でも来てください。木曽路も歩いてみたい・・・、私も未だ歩いた事が無いので、一緒にボツボツ歩きましょう・・・。

木の工房 杜子春

5c6b7504.JPG気温18度、室内19度。本日快晴。
 畑にハーブやお花を摘みにちょっとの積もりが雑草採りになり・・・。
今日奈良から旧友が、今から木曽福島に向かえに行きます。
 杜子春の作品・・・古いタイルを埋め込んだ小テーブル・・・・。
最近何かを乗り越えたのか、いい作品が生まれます。
 

開田柳又の名残り桜

bc42d48a.JPG今朝の気温10度、室内16度。今朝は晴れ。
 今年はちっとも温かくならないネ。大家のTさんと話していa246f8eb.JPGると、『去年と余り変わらないヨ。もう一度霜が降りるから、未だ田植え出来ないし、田植えは6月だヨ。』なんだか今年の気候は変・・・。と思っていたけれど、10年日記付けているTさん『ただ少し稲の伸びは遅いみたい・・・。』
 温かさも一歩進んで二歩下がるようで、その為桜が長く楽しめます。柳又の入り口付近の八重桜は今年の見納めです仰ぎ見ると本当に綺麗です。川の方に進むと、昔 川に落ちて無くなられた子供さんの為に立てられたお地蔵様・・・その表情は素朴で、おどけて・・・誰かと笑っているように見えたり・・・・この桜もお地蔵様の傘になっています。

椎茸とイゴイ料理

4b432d40.JPG

先日採り立ての椎茸と山菜名前を忘れてしまって・・・9a376f1a.JPGを頂きました。今日大家の
Tさんに「これ何て云う名前。。」と聞いて見ました。『西野の方で採れる、刺のある木・・・、イゴイだよね』との事、さっと湯がき、オシタシに・・・・と聞いていたので、ゴマ和えにしたのですが、杜子春一向に箸が進まず、ちょっと苦味があり・・・。少しぬるま湯で晒して、本日は豆腐の白和にしてみようかと思います。
 椎茸は別荘のSさんに血液サラサラ、糖尿病抑える料理を伝授して頂き、そのレシピに従い、本当は干し椎茸が好ましいにですが、適当にスライスして、ゴマ油少々で炒めます、水気が無くなると、椎茸の戻し汁を少し加え、生椎茸の場合炒めると水気が出てきます、これに焼肉のたれ少しを味付けに、ニンニク・ショウガ・りんごが入っている事等が良いそうです。絡めば、煎りゴマをたっぷりからめ出来上がり、これは一週間位ストック出来、毎日椎茸一枚分を食べると血圧が下がったヨ。とのお話でした。主人に出すと、お皿全てを平らげてしまいました。焼肉の薄味が気に入ってくれたようです。

うりっぱ・うど

1d876e0a.JPG今朝a94009e8.JPGの気温16度、室内19度。一昨日からの雨がやっと止みました。 緑が一段と鮮やかです。
 JA木曽福島では新鮮な地元野菜が出回り始めました。ギボウシの茎、この辺りではウリッパと呼びますが一束105円木曽福島町武居さんうるいばと表示されていました。これは本当に美味しい山菜で、酢味噌和えに、又マヨネーズ醤油でも美味しく、今朝はパン食にサラダとして、ゴマドレッシングで頂きました。以前出掛けた富士見町の蕎麦屋さんの付きだしに胡桃味噌で和えてあった味・・・今日は試しに作ってみようと思います。
 昨夕夕食の支度中、気が付かずにいたのですが、玄関脇に採り立てのウドが置かれていましたご近所の方が、もうこんなに出てるんだ!何方かが判らないまま・・・。茎の太い部分を短冊切りに水にさらして・・・・タイのイートチリソースで頂きました。新芽は天婦羅に又全草を拍子切りにして、キンピラに・・・、ゴマ油少しで炒め、酒・砂糖(みりん)・醤油・七味唐辛子を少し入れ温かい内に、ご飯が進みます。(今朝ここへ置いといたヨ、どうしてたべるの・・・?)とお隣のS小母さんでした。ありがとう・・・・。

三岳で400匹の鯉のぼり

fae1ddaf.JPG

昨日三岳の歯医者へ出掛けました。途中太陽の丘公園では広い西野川を400が泳いでいました。渓流沿いの木々の芽吹きや遠くには山桜の花が咲き、少し手前の羽生の里にはワシタカが生息しています。この辺り、2kmはキャッチ&リリースや秋には日本一過酷と言われるトライアスロンが開催されます。

アケビの花が咲きました

14f40f6b.JPG

柳又348b16a6.JPGの細い道をぐるりお地蔵様を少し下りた処、鎌倉桜の風景が今は新緑に変わりました。
 昨年はアケビの実が250〜300程その種が落ちて、畑の半分位アケビの芽が出ています。秋に杜子春に頼み桑の木枝払いをしてもらったのですが、此の侭放って置くとジャングルになってしまいそうです。何方かアケビ栽培農家等は如何です?

ツツジ(ムラサキヤシオ)がとっても綺麗です

7444b04d.JPGの気温10度、室内20度。昨日は畑の手入れや間引0dc3c771.JPGきをし、今日はシトシト雨にルバーブやニラはきっと根付きしてくれるでしょう・・。
 今御岳橋から西野川対岸の大岩が紫色のつつじで覆われています唐松の浅黄色の芽吹きと日々変化する渓流とがいい散歩コースです。遠くなので、花は多分ムラサキヤシオ(ツツジ科ツツジ属)
   何度も染料で染め上げたような色をしている事から名付けられた。との事通り掛かりに是非ご覧下さい。

山吹の花

cd55e4e0.JPG41a7f51c.JPGの気温8度、室内18度。昨日は一日中降り続いた雨は、小さな霧雨になりました。
 七重八重花は咲けども山吹
   実の(蓑)一つだに無きぞ悲しき
太田道潅が鷹狩の折、突然の雨に、飛び込んだ田舎家で、傘を借りようと・・・・。奥からお盆の上にこの山吹一輪を差し出し・・・・。ふと思います、こんな風景ではなかったのかと・・・・・。こんな方が訪ねて見えたら、今は傘が500円か1000円、沢山ありますので、『はいどうぞ・・・』と。柳又に住んでいると、雨に茂やる中カモシカ二頭がこの小屋付近に居たのには、本当に幻想的で、この山吹の咲く少し先につり橋が架かっていましたが、昭和54年?の大水に流れてしまいました。

6/1から始まる生活交通システムの説明会がありました

24e2523d.JPG昨日開田母子健康センターにて、新しいバス路線の説明会がありました。以前のおんたけ交通から運営は木曽町になり、住民の足となるよう、・・基点を木曽病院・木曽福島駅から開田の場合水生植物園もしくは開田支所まで、のピストン運転(児童の通学の送迎とも併用の為)を主に、早朝や夕方は、福島から、西野神田宮前までの入り込み等を併せて10往復。(住民・一般と見分けが付かない為、結局は何方でも利用可能です)
 水生植物園〜末川方面の巡回バスが
 又開田支所〜西野高坪迄を巡回バスが運行され、
この路線以外の地区に関しては乗り合いタクシーを利用して、バスの乗り継ぎ点まで移動し、木曽福島へ・・・・。
木曽福島から、(日の出旅館付近)停車で濁河温泉迄の便も3往復あり、時刻表作成迄に2年、本当にご苦労様です。
質問ご意見は
 ・ 学校へ通勤される先生がJRから数分のズレにより、このバスを使えない事や長野県製薬への通勤に時刻が合わない、
 ・ やまゆり荘への便が無くなり、恩田の別荘や近くの住人の足の便が無くなる。ペンションへの来客の便に支障を来たす。(昼の便を追加)
 私は三岳から開田への運行は、希望が持てるのでしょうか。と質問しました。住民だけではなく観光も考えなくてはと・・未だ試験段階の為、秋頃にはその結果を考慮し、変更の可能性あり・・・。との事、木曽町運営の為住民を主に100・200円の料金設定は本当に有難い。住民・一般・別荘の方も観光客も皆さんがこの恩恵に預かれる事をそれがこのバスの健全運営に繋がると思いました。

開田かぶ・行者ニンニク

d24dd3fd.JPGbc11acc5.JPGの気温7度、室内18度。曇り空もやの中に太陽の光がうっすらと確認出来ます。お天気になりますように・・・。
 隣の畑今赤カブの黄色い花が満開です。アブラナ科菜の花に似た花ですが、夏の初めには、この種を採取し、秋に蒔きます。葉はあのスンキになり、株は開田カブ、として、甘酢漬け、や糠漬けに冬には欠かせない漬物になります。
 近くの方に頂いて植えた、行者ニンニクが大きくなりました、葉を少しづつ間引きし、お肉との炒め物に、又天婦羅にして食べます。地元の方は、さっと湯がいてカツオ節醤油でおひたしに又酢味噌和えにして又根を金山寺味噌等を付けて食べられます。山で修行する行者さんがこの葉や球根を食料とした事から付いた名前・・匂いも凄い!夏になると各家の庭に必ず大きな山椒の木がありますが、この葉も開田では生のまま、『お爺さんが大好き!』とこれらが健康の秘訣かもしれません。

芍薬が咲きました

67e4be39.JPG

開田60e93ae0.JPG高原柳又ぐるり散歩すると、いろんな花が咲いています。芍薬は一本の木に一輪か二輪しか咲いていません、その下に咲くムラセキケマンは手拍子打ちながらまるで踊っているようです。

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ