伊那へ出掛けました

b83e1633.JPG

今朝0596af4d.JPGの気温6度、室内13度。今日はいい天気になるとの予報ですが朝は寒くてストーブ点けました。
 昨夕5時頃『伊那へ行こう・・・』と杜子春から電話
があり、『南信州.COM』の冊子を持って・・・・。日義道の駅からの距離を測りながら、道の駅から5,2km二つ目の信号を右に曲がれば、道は一本道、以前陶芸家「行人窯」の脇田さんの家はこの辺だったネ、権兵衛街道の為に立ち退きになりました。トンネルを4ツ超え、最後の権兵衛トンネルは4470mと長いですが殆ど真っ直ぐのトンネル(良く掘られました)、あっと言う間に伊那へ田圃や畑、駒ケ岳を後に前には南アルプスが、「開田より広々しているね。」先ずは温泉を見つけて、『みはらしの湯』確認したらその後、旧の権兵衛峠道を進むと、やっぱり目につきます、材木が、家の回りをぐるり取り囲む程積まれています。建具屋さんですが、板も分けて下さるとの事、「開田・木曽からもよく来られます。」『そうか皆きてるんだ!いいとこ見つけた。』街並も良く整備され、住宅地と古い蔵等が相まって、綺麗に刈り込まれた生垣・つつじや藤の花も今満開で、梨の花ライラックや花桃など温かいと言われる伊那は花盛りでした。買い物・食事の後『みはらしの湯』入湯料500円温まり、打たせ湯も気持が良く満足して、10時半頃帰宅しました。

今雪柳・花桃が満開です

c1c40314.JPG日に日に変化する花も今は雪柳と花桃・963a88fe.JPG芝桜が綺麗です。
以前より 鎌倉桜の苗を植えたい・・・、と言われていた土橋・別荘のNさん、昨日苗を育てて居られる柳又のAさんから、3本苗木を分けて頂き、御岳山の見える土橋に植えられました。他の山野草も植えたいとの事、我が家の草花も梅雨になれば、お届けしようと思います。土橋の別荘近くを散策の折、ある方が『ここにはユウスゲが一杯咲いていたのに・・・今は、でも野焼きの後にユウスゲの新芽が、これこれ!』と『桧の植林で山野草がこれは駄目になるねぇ』と言われて帰られた。と開田高原の草花を楽しみに来られる方のお話になりました。

工房NORAさん

f53adc7e.JPG今朝の気温6度、室内16度。昨日の雨は止みそうで、止まない・・・。
 『ものづくり高原の仲間達』の地図のお陰で訪ねる処が沢山あり、地図を片手にギャラリーめぐりする方も増えてきました。木の工房杜子春『留守の間に誰か訪ねて来たよ!』と近所の小母さんが教えて下さったり・・・。先日は別荘のKさんをお誘いして、工房NORAさんへ出掛けました。手入れの行き届いた庭には小さなブルーの花が、高度1480m?に位置する為か花の時期も柳又とは半月程遅れて咲きます。ドールハウスコッパーハウススエーデン刺繍、細かい手づくりのお人形や調度品に何度訪ねても新しい発見があります。

岩ツバメが飛び立ちました

6e44bec3.JPG0ec54316.JPGの気温4度、今7度、室内19度。朝からシトシトと雨が降ります。
御岳橋の橋梁下に毎年巣を造る岩ツバメ・・50羽程が右に左に飛び交い、虫を採っていました、目には見えるのですがデジカメで写して見るとやっと一羽が写りました。ですが一昨日より姿が見えません。新しい住処を求めて飛び立ったのかも知れません。この雨に鎌倉桜の花も散り、葉桜にさくらんぼの実を付け始めています。このさくらんぼを植えると鎌倉桜もっと増やせるかなぁ・・・今は八重桜が綺麗です。

ももいらのおひたし・・・

6ca67433.JPG

今朝の気温2度から今4度、室内17度。昨夜から少し気温が下がりました。 
12d040d0.JPG切り倒した丸太は春秋問わず薪の準備が必要です。お隣の屋根からも今朝は薪ストーブの煙が昇っています。我が家も灯油ストーブ点けて薄手のセーターにベストで丁度いい加減です。
 ニョキニョキと伸びているのは、唐花草又の名をホップ・・・ビールのホップはこれの改良品種です。開田では『ももいら』と呼びます。この新芽の柔らかい処、10〜15cm程を摘み、さっと茹がき少し水にさらし、おひたしおかかと醤油をかけて、又生のままを、4・5本一緒に天婦羅にします。又今はヨモギの新芽も天婦羅にしています。先日孫の祝いに末川へこの天婦羅をご馳走になりました。土筆は袴を取り、少しのダシと卵綴じがお酒のつまみに美味しいのですが、山菜豊富な開田では、殆どの人が『土筆は食べた事が無い』ようです。

管沢の枝垂れ桜

4abca81f.JPG管沢d044fb4c.JPGへ入って直ぐ、大きな枝垂れ桜 が、見事です、少し後ろにもう一本今が見頃。直ぐ側に芝桜が咲き始めていました。

すももの花も咲きました

7f64c08f.JPG

今朝の気温13度、室内20度。昨日からの雨が今は糸のb7bc7990.JPGような雨に変わりました。こぶしも・すもも小梨花も一機に咲きましたがこの雨に桜は少し散り始めました。何日間かストーブ無しの生活でしたが、今日は軽く必要です。

御岳橋の渓流

1d14172b.JPG御岳橋 94051dc7.JPGの袂から眺める渓流は今は唐松の芽吹きに秋は水のがとても綺麗な所です。ここは西野川と冷川の合流点で岩魚釣りの穴場でもあります。別荘のSさんとゴミ拾いに、釣り人の昼食の残骸がそこかしこに散乱していました。今年は気を入れてゴミ拾いを・・・。とSさんと誓いました。

山野草が咲き始めました

a4b34915.JPG今一斉に花6afb413a.JPGが咲き始めました。土手の窪地に穴を塞ぐようにキランソウの花が咲いています。別名ジゴクノカマノフタと呼ばれ昔から良く効く民間薬として使われていたようで、地方によってはイシヤコロシとも呼ばれます。又オキナグサは果実が白毛の翁を思わせる所から付けられたようです。
 

芝草原を残したい・・・

c101cbb5.JPG

5b176452.JPGには貴重な蝶や虫が生息するとの事、チャマダラセセリの現地調査が行われ同行させて貰いました。その生態は荒地のそれも少し草が生え掛かる草地の中央に、ミツバツチグリの幼葉の裏、三葉の内の左右どちらかに小さな卵を産み付けます。・・・野焼きの時期や、全面焼き尽くすのではなく、ある間隔を残し、草刈をする。手入れされた草地を歩くと足にも優しく又いろんな種類の山野草が咲き、動物にも虫もそして人にも優しい事が判ります。隣の草地には毎年牧草の種を撒いているようですが、このふかふかした芝草原に馬を放してあげればなぁ・・・・、とMさんは何度も語られました。

山野草が咲き始めました

66c7897b.JPG776976cb.JPG気温16度、室内19度。本日快晴。
 柳又の入り口付近に小さなタチツボスミレが咲き始めました。開田は標高が高い性か色が濃く、これは全草(地黄瓜・ジオゥカ)薬草で慢性喉痛・腫れ物・打撲腫痛などの民間の薬用に使用されていたようです。
又、樹陰にはミヤマキキケマンも咲き始めました。今日はSさんを一緒に柳又上まで、ゴミ拾い散歩をします。

鎌倉桜が満開になりました

2715bfa8.JPG今朝の気温16度今18度、、室内17度。御岳山にはガスがかかり見えませんが、朝早くから柳又の上迄出かけて来ました。
 400年前の時鎌倉桜を持ち帰られたのが、鎌飛の釜平さんと池の沢のFさんともうお一人・・・。釜平さんのご先祖さんはこの戦いにクサリガマ(鎖鎌)とトビクチ(鳶口)で戦い戦功を挙げられました。これを家の宝としておられ、今は無くなってしまったそうですが、開田支所から池の沢への途中の鎌飛と地名があるのは、この鎖鎌と鳶口からきた地名だそうです。

日義『道の駅』ささりんどう館

ca07d3f6.JPG今朝6時から、『村役』の為主人は雨の中カッパを着て池の沢〜柳又集落迄の清掃作業、缶やゴミ拾いを行いました。谷底めがけて捨ててあるゴミは急斜面を下り拾いに行きます。皆様ご苦労様です。
 私の方7時半に家を出て日義の『道の駅』へ観光案内に出掛けました。道中は桜や花桃・コナシ・芝桜が満開こぶしの白い花も咲き始めていました。『道の駅』では、昨日一昨日と超満員レジでも長い列が出来、観光の方も倉庫に山積みのパンフレットがすっかり空になり、道をお教えするのも資料が無く・・・・の状態です。今日は朝から雨空で、ゆっくり出来そう・・・と店長さんの思いも10時過ぎから、来客が増え、寒いので温泉いい所ありますか、等の問い合わせで、忙しくなり、何とは無しに出かけて来ました何処かいい所はありますか?とおっしゃる方には(開田・木曽馬の里から、日和田の水芭蕉R20で三岳も桜の花満開です。)と何組かをご案内しました。連休最終日故東京方面への道路渋滞情報を知りたいお客様が何人か居られ、道路公団へ電話を掛けて聞きましたが、木曽・松本方面の情報しか判らないとの事でした。インターネットで調べれば判ると思うのですが、スグサマお答え出来るような連絡先や・システムがあれば・・・と思いました。 駐車場横には花桃がとても綺麗に咲いていました。

柳又・鎌倉桜・が咲き始めました

63deb9a1.JPG

庭の4c976437.JPGオイスミレが綺麗に咲き始め、皆さん下を見ては ニコニコと・・・花が咲くと誰もが嬉しくなります。
柳又の鎌倉桜・・・400年前鎌倉時代木曽軍に従軍した3人の村人、、
13年間足のハバキ(ブットバキ・・ヤマブドウの蔓で編んだ膝下を覆うキャハンの様な物)を取らなかったので、脛毛が30cmも伸びていた。戦功を挙げ、見える所は全部・・と広い土地を褒美に貰われ。その時一緒に持ち帰った桜3本栗の木2本その一本が柳又の鎌倉桜です、今はその二代目で樹齢150年ですが、道路のコンクリート工事と6・7年前に雷が落ちた為、花の盛りも過ぎましたが、今又その子供が綺麗に咲き出しています。オオヤマ桜でピンク色が濃いこの山里にピッタリの鎌倉桜。もっともっと増えればいいのになぁ・・・。
 (画像は柳又入り口近くの染井吉野です。鎌倉桜はあともう少し・・・です)

木の工房・杜子春の素適な『明香里』

0af70fc1.JPG今朝の気温12度今15度、室内19度。ちょっと花曇りですが、花見日和です。
 昨夜は9時を過ぎても帰りません。杜子春に電話すると、『やっと酒が抜けて来た、もう20分程したら帰る・・・。』10時過ぎ大きな切り株を大事そうに持って帰りました『やっと出来た。』明りを点けると、いい感じ・・。明日上松へ持って行く、(木と人の語らい展)「いくらにするの!」『五万円』「えっ高いねえ、私が買う方だったら、もう少し安い方が・・・、」『これ天然の桧で100年経ってるんやでぇ・・・じゃぁ4万足らず!』年輪数えて見ると、100年で10cmちょっと150年うちの家と同じでは・・いやまだまだ200年以上です。中は本当に緻密で1〜2mm、「3万8千円やねえ。」準備も出来て出発寸前『値札書いて・・・3万5千円』・・・・・笑。。。。仕舞に5千円にせんといてね。杜子春の大家さん(純粋の村人)は5千円って言ってた。。。笑、笑、笑、 いってらっしゃあい・・
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ